Anchor Ship Partners

アンカー・シップ・パートナーズ株式会社:〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1ユニゾ(旧常和)八重洲ビル5F [ オフィス情報のページへ]
最新の情報に更新するには、ブラウザからリロード(再読み込み)を行って下さい。
アンカー・シップ・インベストメント(ASI)と第1号ファンドについて

アンカー・シップ・インベストメント株式会社の企業情報および同社が運営する第1号船舶投資ファンドの概要をご案内します。

アンカー・シップ・インベストメント株式会社について

アンカー・シップ・インベストメント株式会社は、2007年、投資家から資金を募り船舶を建造・保有し、裸用船から得た利益を投資家に還元する我が国初の本格的な船舶ファンド「第1号船舶投資ファンド」を組成、オフバランスでの船舶調達という海運会社のニーズに応えながら、新たな船舶保有方法の創出という所期の目標を達成しました。

アンカー・シップ・インベストメント企業データ

所在地・連絡先などはオフィス情報のページをご覧下さい。

商号
日本船舶投資促進株式会社
Japan Ship Investment Facilitation Co., Ltd.
商号
アンカー・シップ・インベストメント株式会社
Anchor Ship Investment Co., Ltd.
設立
2007年1月
業務内容
船舶投資ファンド運営
  アンカー第1号船舶投資ファンドの運営主体
役員

代表取締役社長:辻 肇(つじ・はじめ)
代表取締役(社外):坂井 豊(代表弁護士:渥美坂井法律事務所)
取締役(社外):中島隆博(一般財団法人 海上災害防止センター監事)
監査役(社外):井上真一(ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント株式会社)
監査役(社外):宮原裕德(税理士)

特別顧問
足立 曠(元日本郵船株式会社企画部長、元ティーケィジャパン社長)
登録など

金融商品取引業者 投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第545号、登録年月日2007年9月30日

ファンド営業者(傘下のアンカー・シップ・キャピタル合同会社)において適格機関投資家等特例業務(関東財務局届出済)

適格機関投資家等特例業務に関する公衆縦覧

一般社団法人・日本投資顧問業協会会員
社団法人・日本海運集会所会員

所在地・連絡先
〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-4-1 ユニゾ(旧常和)八重洲ビル5階
詳細はオフィスのページをご覧下さい。

当社は、投資助言・代理業に関して、当社の加入する一般社団法人日本投資顧問業協会を通じて苦情の解決及び紛争の解決を行うこととしております。

<連絡窓口>
特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(業務委託先)
電話:0120-64-5005(フリーダイヤル)
(月曜日~金曜日/9:00~17:00祝日等を除く)

ファンド概要

第1号船舶投資ファンドは既に投資期間を終了しております。第4号船舶投資ファンドの概要第3号船舶投資ファンドの概要第2号船舶投資ファンドの概要を併せてご参照下さい。

商号
日本船舶投資促進株式会社
Japan Ship Investment Facilitation Co., Ltd.
ファンド名
第1号船舶投資ファンド
アンカー・シップ・インベストメント株式会社
投資実績
船舶14隻(単独投資案件のみ)
投資規模
約1,200億円(船舶価額合計)

LINKS

Stacks Image 7070
4号ファンド

アンカー・シップ・パートナーズによる第4号船舶投資ファンドの概要についてご紹介します。

第2号ファンド
3号ファンド

アンカー・シップ・パートナーズによる第3号船舶投資ファンドの概要についてご紹介します。

第2号ファンド
2号ファンド

アンカー・シップ・パートナーズによる第2号船舶投資ファンドの概要についてご紹介します。

ビジネス概要
ビジネス概要

ファンド運営、コンサルティングなどアンカー・シップ・パートナーズの業務を概観します。

理念・ミッション
理念・ミッション

グループ代表者よりのご挨拶のほか、企業理念、行動指針や社会貢献活動をご紹介します。

オフィス情報
オフィス情報

アンカー・シップ・グループの事務所所在地や連絡先などのオフィス情報です。